マンションの「修繕積立金破綻」について解説するサイト

>

「修繕積立金破綻」とはどのようにして起こるのか

買って終わり、ではないマンションの費用

分譲でマンションを購入した場合、一括で購入できる人というのはそう多くは無いでしょう。
もちろんそれが理想ですが、ほとんどの場合は分割支払いで、つまりローンを組んで購入するでしょう。
その場合は、当然月々のローン支払いもありますし、それ以外には管理費や共益費などの、マンションならではの日常経費も掛かってくる訳です。
しかし、それとは別に支払うものもあります。
それが「修繕積立金」です。
これはマンションの共有部分などについて、長期間性能を維持するために必要とされる修繕費を、前以って徴収して積み立てておこうという内容のものです。
そのため、管理費とは別会計で積み立てられていきます。
数十年経過したマンションの修繕には莫大な費用がかかるので、前もって費用を積み立てるという考え方自体はおかしくはありません。

修繕積立金破綻

しかしなぜそんな修繕積立金に「破綻」などという物騒な言葉が付いてしまうのでしょうか。
それは、このシステムにあります。
修繕積立金は、マンションの分譲業者が分譲時に作成する「長期修繕計画」というものに基づいて算出されます。
修繕の実施や積立金の運営管理は、マンションの管理組合もしくは管理組合から委託された管理会社が行うのですが、この「長期修繕計画」がずさんな場合があるのです。
分譲会社としてはマンションを売るのが目的ですから、できれば金額を抑えたい。
そこで「修繕計画」を意図的に安く見積もって、提出してしまうのです。
分譲会社は売ってしまえば後は責任を取らなくていいとはいえ、これはほとんど「計画倒産」とでも言って良い位の暴挙です。
そして残されるのは老朽化するばかりのマンションと、低すぎる計画によってとにかく足りない積立金、そして老朽化の影響をもろに受ける住民と管理会社です。


この記事をシェアする