マンションの「修繕積立金破綻」について解説するサイト

>

危機を回避するためには何が必要なのか

マンション購入前に考えていけるところ

修繕積立金が、入居時つまり購入時に聞かされていた金額の数倍(5万円以上)という信じられない額にまで膨れ上がってしまったケースもあります。
このような膨れ上がり方をしたら、管理会社も入居者も、皆で破綻するしかなくなってしまいますね。
そのため、購入前に考える簡単な対策として、購入希望者に不動産業者が渡してくれる「管理費等重要事項に係る調査報告書」に目を通すことが挙げられます。
チェックポイントとしては「修繕積立金総額が極端に不足していないか」「管理組合の借入金が多すぎていないか」「滞納金が多大ではないか」です。
これらの項目をチェックして、もし多大な借入金や滞納額があれば、そのマンションはリスキーなので避けましょう。

購入後の具体的な注意点、対応策

では、もしも購入後に修繕積立金の危機に気付いてしまったら、どうすればよいのでしょうか。
その場合はもう、収入を増やすか、もしくは支出を減らすしかありません。
収入を増やすのは簡単では無いので、支出を減らすことを考えたいと思います。
支出というのは管理委託費のことです。
住んでいるマンションの長期修繕計画が不自然ではないか、管理費に交渉できる余地は無いかを探し、住民の総意として管理会社に提出します。
場合によっては管理会社に替わってもらうくらいの意志で臨まないと、中々腰を上げてはくれませんが、自分自身の住まいを守り、末永く住んでいくために集めているはずの修繕積立金のせいで、自分たちの生活を破綻に追い込んでしまうくらいなら、交渉をすべきです。


この記事をシェアする